新十津川の開拓使

新十津川町・砂川市・滝川市の温泉・宿泊予約、ホテルグリーンパークしんとつかわの「新十津川の開拓使」についてです。

/

絵本で見る新十津川町の開拓使

新十津川町の開拓使を絵本でご紹介します。
「<」を押すと前のページへ、「>」を押すと次のページへ移動します。

それは水害から始まった・・・

明治22年8月奈良県吉野郡十津川郷で大水害が発生。奈良県吉野郡一帯をとてつもない豪雨が襲った。
その中に「鳥も通わぬ十津川の里」と太平記にかかれた山村・十津川村があったのである。山や谷壁がなだれ落ち渓谷をせきとめ、せき止められた大量の水が堰を切って濁流となり、怒涛のように向かっていく…。

滅的な被害に・・・

当時、6カ村からなる十津川郷は壊滅的な被害を受けるほどの大水害であった。死者168人、全壊・流出家屋426戸、耕地の埋没流失226ha。山林の被害も甚大。生活の基盤を失った者は約3000人にのぼり、その救済策が急務であった。
生活再建のため、移住が話し合われハワイなどの海外や国内の未開懇地が候補にあがった。

北海道へ移住を決意した・・・

新たな生活地を求めて600戸、2489人が北海道への移住を決断。「必ずや第2の郷土を建設する」と固い意図を胸に秘め旅立つことになった。10月に3回に分かれて神戸から船に乗り小樽へ。
このころ約1200キロ離れた北海道では、屯田兵制度に続いて明治19年には植民計画が採用され、全道的な開発が始まろうとしていた。特に樺太経営とロシア南下への防備対策から、石狩平野開拓は緊急課題であった。

初めての北海道の冬を・・・

小樽から市来知(現・三笠市)までは汽車で、その後徒歩で空知太(現滝川市)へ。病人や老人、子供は囚人に背負われた。空知太の屯田兵屋は建設中でまだ150戸しかなく、1戸に移民4戸が入った。
そんな中でも、トック原野への入植準備が進められ、新しい村の名前も決められていった。また、一致団結して開拓を成功させようと「移民誓約書」が起草された。

困難を極めた開墾・・・

うっそうと茂った原始林を切り、根を起こし、燃やしながら、少しずつ開墾を進めた。十津川人は、元来林業に従事していたので、伐採は得意だったが、笹や草の根が張り詰めた土地を耕す作業は、並大抵なものではなかった。
蚊やブヨなどに悩まされながら、入植最初の年は、ソバや大根が収穫できたくらいで、北海道の早い冬が訪れていた。

子供の教育に熱意を注ぐ・・・・

文武両道を尊ぶ十津川の人々。子供たちの教育には熱心であった。開拓に入るとすぐに学校建設に着手し、明治24年3月に、徳富川を挟むで南北に1校ずつ小学校を建てた。その後通学の不便解消に学校数も増えていった。また、明治28年、母村にならい高等教育の場として私立文武館を建てた。
この、教育に対する熱意は、今日に至る新十津川の伝統となっている。

水田が広がりはじめる・・・

明治30年代に入ると北陸地方などからの移住者により、水稲の作付けも本格化する。夜盗虫の大発生、石狩川の氾濫などの災害に見舞われながらも、着実に農業基盤を固めていった。
明治35年の二級町村制施行、40年の一級町村制施行へと。きわめて短期間での一級町村昇格は新十津川の急速な発展を示すものであり、入植者たちの不屈の取り組みの賜物であったといえる。

一大米作地帯へ発展し・・・

大正期に入ると人口は1万5000人を超え、農業生産力や財政規模の面でも空知管内で屈指の自治体へと成長していく。
水田の開墾に加えて「玉置坊主」という冷害に強い水稲品種を開発、これによって道内でも第一級の米作地帯となった。
石狩川の洪水に備えた治水事業もこの時期に取り組まれている。

そして現在へ・・・

冷害と凶作、そして戦争という厳しい時代を村民たちはよく助け合い乗り越えていった。戦争終結と共に息を吹き返した新十津川は、昭和32年1月、ついに念願の町制施行を実現する。
しかし、昭和30年の1万6199人をピークに人口は減少傾向をたどり、他の多くの農山村と同じく過疎という新たな課題を抱えていく。
さまざまな時代の変化に揺れながらも、新十津川は未来に向かって着実に歩み続ける。

おすすめプラン

宿泊のおすすめプランを紹介しています。

レストラン

ホテル内にあるレストラン、「すばる」のご紹介。

温泉情報

ホテルグリーンパークしんとつかわの温泉情報です。

新着情報

期間限定の宿泊プランなどのイベントや、ホテルについてお知らせです。

料理紹介

当ホテル自慢のお料理をご紹介。

ふるさと公園

ふるさと公園内にあるレジャー施設や文化施設のご紹介。

ページトップ 

Copyright © 2014 HotelGreenPark SHINTOTSUKAWA All Right Reserved.